タイトル画像

「花より団地」の記事PICKUP!

補色を上手に使う
つまり主役の藍色を九ないし八割にして、脇役の黄やオレンジを一ないし二割に控えます。分量が同じぐらいだと、互いにけんかし合い、失敗します。補色を上手に使っていた例で思い出すのは、横浜の兵藤さん夫妻です。結婚後まもなく、あこがれのカントリー風の家を建てました。あたたかみのある白木の壁や床や天井に合わせて、カーテンは暖色のオレンジがかった赤に。そしてベンチのクッションはカーテンと共布のものに加えて、補色の緑色を一つ加えたのはさすが。室内の数か所に置いた観葉植物の緑と、ほどよい分量の補色が生きて、お二人にぴったりの精々しいインテリアでした。ダイニングやリビングなど、家族みんなで使うパブリックスペースの色は、みんなで相談して決めるのが一番です。色だけでなく、家具の配置やどんな小物を飾るか、どこに何をしまうかなども、みんなで決めることでみんなが責任を持ち、愛着を持つことになります。でも寝室などのプライベートスペースは、自分たちの好きな色を使って楽しみ、自分たちでそのインテリアにも責任を持つのがいいと思います。

最新更新記事

平成26年9月15日新着!
補色を上手に使う
平成26年9月14日PICKUP
アクセントカラー
平成26年9月13日更新
和室を構成している色
平成26年9月12日最新情報
テーマカラー
平成26年9月11日NEWS
共通する点

花より団地をご覧いただきありがとうございます。

こちらのサイトは分譲マンションやタワーマンションなどの不動産を購入しようという方に不動産用語の説明や購入した方の体験談を多く掲載しています。
数多くの記事を記載していますので気になるものがあればぜひご覧になってください。

不動産ホームページRANKING!

最新不動産HP オススメ度 説明!
良いテナント ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ テナント探しなら

このページの先頭へ