タイトル画像

「花より団地」の記事PICKUP!

長い目で見ていかないといけない
<坂下>そうですね。ただ、北海道のような寒冷地では断熱・気密施工の良しあしがはっきり結果として出ますが、温暖な地域では施工の出来が悪くても、結果があまりはっきり出ません。だからこそ、いい加減なことをやっていても、それが発覚する機会がなく、結果として許されることになってしまっています。<松下>断熱材は躯体の中に入れてしまうので、いざ何かあっても、簡単には直せません。それだけに、設計と違った施工がされているようなときには、全面的に無償で直させるとか、何か罰則があってもいいように思います。<坂本>住宅性能表示制度を利用すればいいのではないですか。<松下>もちろん、そうした対応もひとつの方法です。ただ、性能表示制度の問題は、完成・引き渡しの段階でしか性能を見ていないということです。結露の問題などは一年くらい住まないと出てきません。そのときはじめて、一般の人は施工の問題に気づくのではないでしょうか。これでは、事前に施工力の高い業者であるのか、そうでないのか、判断できません。また、三年ほど経ってから気密測定したところ、木材の収縮などの影響によって、相当隙間面積が当初の倍になっていたという例もあるほどです。性能は完成・引き渡しの段階だけでなく、長い目で見ていかないといけないと思います。

最新更新記事

平成26年10月25日新着!
長い目で見ていかないといけない
平成26年10月24日PICKUP
施工の精度
平成26年10月23日更新
内断熱と外電熱
平成26年10月22日最新情報
μc値を小さくする
平成26年10月21日NEWS
確実に効果を発揮

花より団地をご覧いただきありがとうございます。

こちらのサイトは分譲マンションやタワーマンションなどの不動産を購入しようという方に不動産用語の説明や購入した方の体験談を多く掲載しています。
数多くの記事を記載していますので気になるものがあればぜひご覧になってください。

不動産ホームページRANKING!

最新不動産HP オススメ度 説明!
寝屋川市で敷金礼金0円の賃貸 ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ 出来るだけ

このページの先頭へ