タイトル画像

「花より団地」の記事PICKUP!

金利の仕組みを知る
一方、民間ローンを扱っている主な金融機関は、都市銀行や信託銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫、JAバンク(農協)、生命保険会社など。金利や特徴は金融機関によって異なりますが、最も利用者の多い都市銀行では変動金利型と固定期間選択型の金利が中心です。このほか、公的ローンと民間ローンの中間的な位置づけとして「フラット弱」があり、これについては次のページで詳しく説明します。公的ローンと民間ローンの中間的な位置づけとして、「フラット弱」があります。フラット記は、民間の金融機関が貸し出した住宅ローンの債権(返済してもらう権利のこと)を公庫が買い取り、証券化して機関投資家に販売するしくみを利用しています。都市銀行や地方銀行など多くの金融機関が扱っています。フラット弱の最大のメリットは、最長35年間ずっと金利が変わらない固定金利だという点です。また、固定金利でありながら金利が低く、同じ固定金利の融資と比べても低い水準に設定されています。金利が今後上昇する可能性が高い今なら、固定金利のフラット弱が一押しです。次に、借りるときの保証料が不要な点も有利です。民間ローンや公庫融資は借りるときに数十万円の保証料がかかりますが、フラット詣ではかかりません。

最新更新記事

平成26年7月23日新着!
金利の仕組みを知る
平成26年7月22日PICKUP
完成物件のメリットとは
平成26年7月21日更新
派手な施設の欠点
平成26年7月20日最新情報
共有施設の有無について
平成26年7月19日NEWS
床暖房のメリット・デメリット

花より団地をご覧いただきありがとうございます。

こちらのサイトは分譲マンションやタワーマンションなどの不動産を購入しようという方に不動産用語の説明や購入した方の体験談を多く掲載しています。
数多くの記事を記載していますので気になるものがあればぜひご覧になってください。

不動産ホームページRANKING!

最新不動産HP オススメ度 説明!
賃貸を心斎橋でかりたら ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ 今日はゆったり
賃貸物件を数多く ✦✦✦✦✦✦✦✦✧✧ 引っ越し先・・
不動産情報を ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ 快適なお部屋へ!

このページの先頭へ