タイトル画像

「花より団地」の記事PICKUP!

熱抵抗値(R値)
【「熱貫流率(K値)」「熱抵抗値(R値)」「相当隙間面積(C値)」】Q値は建物全体を対象としたものですが、壁・天井・窓など単独の部位を対象として断熱性能を表示する場合は「熱貫流率(K値)」を用います。厚みのある断熱材など部材単独の断熱性を表す場合は、「熱抵抗値(R値)」を用います。これはK値とは逆に材料の熱の伝わりにくさを示したものです。部材の厚さをその材料の熱伝導率で割った数値であり、厚みがあって熱伝導率の小さな部材ほど結果の値は大きくなります。断熱性を高めるためには、薄くて、それでいて熱抵抗値の大きい部材が必要になります。それが、断熱材というわけです。建物全体の気密性を示すものとしては、「相当隙間面積(厳密には、床面積あたりの相当隙間面積、C値)」があります。これは、断熱を行う外周部位(外壁、天井、床、窓)に存在するすき間の面積を、目に見えるものも見えないものもすべて合計して、その結果を床面積で割ったものにほぼ近い数値です。数字が小さいほど気密性が高いことを意味しています。C値はQ値やK値などと違って、計算では求めることができません。専用の測定装置を用いて現場測定によって求めます。

最新更新記事

平成26年10月20日新着!
熱抵抗値(R値)
平成26年10月19日PICKUP
省エネルギー基準はQ値
平成26年10月18日更新
自然室温
平成26年10月17日最新情報
場所が変われば気候も変わる
平成26年10月16日NEWS
引き違い式の窓

花より団地をご覧いただきありがとうございます。

こちらのサイトは分譲マンションやタワーマンションなどの不動産を購入しようという方に不動産用語の説明や購入した方の体験談を多く掲載しています。
数多くの記事を記載していますので気になるものがあればぜひご覧になってください。

不動産ホームページRANKING!

最新不動産HP オススメ度 説明!
大阪全域の不動産情報を ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ 大阪のことなら

このページの先頭へ