タイトル画像

「花より団地」の記事PICKUP!

室内の湿度
【室内の湿度にも気をつける】室内の湿度は40〜60%が適切です。40%より低くても60%より高くても、人体に適当とは言えません。冬に暖房しすぎると、湿度は20〜30%になり過乾燥になりますので、のどや鼻の粘膜によくありません。加湿器などで湿度を40%程度に維持したいものです。観葉植物や水槽など水蒸気を多量に放出するものが室内に多ければ、反対に室内湿度が高くなりすぎますので、換気などで湿度を下げることが必要です。この章では、冬の結露について注意を促してきました。冬の結露が生じるか否かの要因の一つに室内湿度があります。室内湿度が40%程度であることを保証できれば、温暖地では、防湿層のない繊維系断熱材でも結露は生じないかもしれません。それには、開放型暖房器具などの水蒸気を多量に発生するものがないことと、換気が常に十分行われていることが必要です。ただし、壁体内気流がないことや断熱材の室外側に透湿抵抗の高い面材が使用されていないことが前提になります。【断熱材と断熱工法の種類】断熱材は繊維系(グラスウール、ロックウール、セルローズファイバー)とプラスチック系(発泡ポリスチレン、硬質ポリウレタン、フェノール樹脂、高発泡ポリエチレン)に大別されます。

最新更新記事

平成26年10月1日新着!
室内の湿度
平成26年9月30日PICKUP
パーティーは夜だけのものではない
平成26年9月29日更新
友好を深める良いチャンス
平成26年9月28日最新情報
ホステスの役割
平成26年9月27日NEWS
席の決め方

花より団地をご覧いただきありがとうございます。

こちらのサイトは分譲マンションやタワーマンションなどの不動産を購入しようという方に不動産用語の説明や購入した方の体験談を多く掲載しています。
数多くの記事を記載していますので気になるものがあればぜひご覧になってください。

不動産ホームページRANKING!

最新不動産HP オススメ度 説明!
賃貸情報 ✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦ 利便性を考えて・・・

このページの先頭へ